トイプードルの耳が裏返るのはどうして?痛くないの?涼しいの?

16歳のトイプードル

梅雨から夏、残暑と、ムシムシした湿度の高い日本の夏

垂れ耳の犬種であるトイプードルにとっては、耳の中がムワッと蒸れやすくなる季節でもあります。

そんなとき、あなたのトイプードルの耳がひっくり返っていたら「かわいい!!」「涼しそうね!」と思う反面

「痛くないの?」と気になりませんか?

我が家の犬達の耳を観察してきた私が”ちょっとだけ気になること”を、書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

耳が裏返ってるけど痛くないの?

はしゃぐトイプードル

我が家のトイプードル達の中で、しょっちゅう耳がくるっとひっくり変えるのは白トイプーの小雪だけ

風花はたま~にひっくり返り、花は耳がぴょこぴょこ立ち上がることはありますが、ひっくり変えるのは”ほんのたまに”だけ。

黒トイプーの空は、自力で耳がひっくり返ってしまったのを見たことがありません

ジャンプしても、走り回っても、ことんと横になっても”すぐにひっくり返る”小雪の耳

白い毛並みに、裏返ったピンク色の耳の内側

一緒に暮らしている家族は小雪の耳がひっくり返ろうが気にもならないのです。

でも、たま~に会う人や初めてお会いする人からすると、しっかりと裏返った耳は痛そうに見えるようで

「小雪ちゃん、耳痛くないの?」とか「耳の根元で折れちゃってるけど大丈夫?」って心配されちゃうんですよ。

人間が耳の付け根からひっくり返ると、かなり痛いのかもしれません(経験したことがないのでわかりませんが・・・)

犬は耳が付け根からひっくり返っても痛そうに見えるだけで、犬自身は痛くも痒くもないんですよね。

トイプードルの耳がペロッとめくれるときはどんな時?

じゃあ、どんな時に耳がひっくり返っちゃうんでしょうか?

小雪と風花の行動から耳がひっくり返るパターンを調べてみました

ピョンピョン跳ねたとき

ピョンピョン跳ねて動き回ったとき、耳もいっしょに上下にピョンピョン

このときヒョイと耳がひっくり返る

頭をブンブン振り回したとき

興奮して遊んで、頭をブンブン振り回したあと

イライラしているときに頭や顔を前足でガーと掻いたあとは、かなりの確率でひっくり返っています

飼い主の言葉や気になる音に反応したとき

「おやつ」「ごはん」など、美味しい&楽しいことが起きる!と、わかっている言葉を聞いた時

ピッと振り返った瞬間に耳がひっくり返る

飼い主とアイコンタクトするため顔を上げたとき

飼い主の目をしっかり見ようと、顔を上げて瞬間に耳がひっくり返る

耳の内側の毛をを処理したとき

耳の中の毛を抜いたり剃ったりした後、耳毛を短くカットした後

ひっくり返る回数が多くなります。

スポンサードリンク

耳をめくってあげると耳の中は蒸れないの?

小雪

垂れ耳のトイプードルは、どうしても耳が蒸れやすく、日本のように高温多湿の夏を過ごす犬にとっては、外耳炎になりやすい問題があります。

なので、犬が寝ている時にソット耳を裏返しして、空気が通るようにしてあげている飼い主さんもいるはずですよね。

トイプーの耳が”しょっちゅう裏返る”ことで、耳のトラブルが防げるのなら・・・と考えたことはあるはずです。

でも、耳がしょっちゅう裏返っても、耳のトラブルがなくなるわけではありません。

我が家の場合、ほとんど裏返ることがない空は、今まで耳のトラブルにあったことがありません。

反対に、しょっちゅう裏返る(裏返ったまま寝ている)小雪は、過去に3度、外耳炎で動物病院のお世話にになっています。

いくら耳が裏返っても、一日中そのままの状態で生活できるわけではありません。

もともと、耳が湿っぽくなりやすい犬の場合、一日数回、耳が裏返っても耳の中の蒸れを改善することは難しいようです。

耳がめくれやすいトイプードルっているの?

おなじトイプードルでも、ちょっとしたことでも耳が裏返りやすいワンコ、飼い主がわざと耳を裏返しても”すぐに戻る”ワンコといます。

なにが違うのか、決定的にこれ!といった理由はわかりませんが、どうも耳の付け根の厚さや、耳の位置、そして耳の長さが関係している気がします。

我が家の小雪は、耳が他のトイプーよりも若干長く、そして耳の付け根は薄いワンコです。

反対に、耳が裏返りにくい空は、耳の位置が少し下気味で、短め、そして耳の付け根は厚みがあるワンコです。

そして、たまに裏返る風花と耳がぴょこぴょこ動く花は、ちょうど小雪と空の中間くらいの耳の厚さ

こんなちょっとした耳の厚さや位置も、耳が裏返りやすい、あまり裏返らないタイプにわかれる理由かもしれませんね。

年を取って耳裏返ること少なくなった

しょっちゅう耳が裏返ったまま歩いていた小雪も、今年の秋で16歳になり、最近では耳が裏返ることもあまりなくなってきました。

  • シャンプーの後、元気よく体をブルブルさせることがなくなってきた
  • 以前よりもピョコピョコと歩き回る元気がなくなってきた
  • 飼い主の呼ぶ声が聞こえにくくなってきた

こんなことが、ものすごく気になってきたころから、耳がひっくり返る回数が減ってきました。

もしかしたら、老化によって犬が自力で耳を裏返すことができる回数は、減っていくのかもしれませんね。

あなたの家のワンちゃんの耳の裏返り、一度じっくり観察してみてくださいね。

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017