トイプードルの病気

トイプードルのアレルギーが心配!マメなお掃除が最初の一歩

もさもさのトイプードルの子犬

アレルギー症状で悩む愛犬と暮らすのは、飼い主にとっても辛いものです。

アレルギーを起こしやすい犬種はレトリーバー系、シーズー、柴犬、ウエスティ

トイプードルは比較的アレルギー症状に悩みが少ない犬種です。

アレルギー発症が少ないとはいえ、酷い症状で悩むワンコもいます。

飼い主さんとしては、愛犬が皮膚を痒がる症状をみると、食べ物が原因とすぐ考えがちです。

でも本当に食事だけが原因なのでしょうか?

愛犬の大好きなものがアレルギーの原因かもしれません

我が家にはアレルギー症状で悩む犬が1匹います。

柴犬+ラブラドールのミックス犬は、アレルギーを起こしやすい犬種の組み合わせです。

ミックス犬「大吉」のアレルギーの一番の原因は、ドッグフードによるものと原因がはっきりしていました。

食事療法を始めだしてたころ、なかなか効果が表れず、次から次へと、ドッグフードを変えていました。

犬のアレルギーの原因は環境によるものが大きいのです

そんなある日、獣医さんからの言われたのは、

  1. ドッグフードだけ気にしてもダメ
  2. 室内外の場合、ダニアレルギーを気にすること
  3. タバコを吸う場所で犬を飼わないこと

愛犬の愛用品、敷物やおもちゃには、ダニが生息するのに、とても適した条件がそろっています。

また、最近の住宅は、気密性が良くダニが繁殖しやすい環境です。

犬のアレルギー症状は、食べ物で起こるよりも実はダニが原因となってることが多いのです。犬の愛用品だけではない、部屋全体の掃除もこまめにすることが大切です。

トイプードルの飼育環境をこまめに綺麗にするのが最初の一歩

ミックス犬「大吉」は、かなり酷いアレルギーだったため、室内での敷物類は一切禁止となりました。

ここまで、厳重に注意される症状がなければ、こまめに洗濯や掃除をすることをしましょう。

普段使っている敷物やベッド・クッションお気に入りのおもちゃなど、洗濯をして、お日様の力を借りて、清潔にしてあげましょう。

犬のハウスの周りは、定期的にすべてどかしながら、周辺のほこりは、しっかり取り除いてください。

また、飼い主さんが喫煙されるご家庭でしたら、タバコを愛犬の近くで吸わない事も、アレルギー症状を酷くしないために必要な事です。

ドッグフードが原因でアレルギーになっている犬の場合

呼ばれて振り返るトイプードル

ドッグフードでアレルギーを発症している場合、特定の食材を原因に考えることが多いでしょう。

アレルギー検査をして、その食材を突き止めて排除する方法も、確かに有効な方法です。

ですが、その方法で上手くいかない場合もあります。

そのような場合、ドッグフードに使われている、防腐剤、着色料、残留農薬、酸化防止剤、コーティングされている油分これらが愛犬の体に負担をかけている可能性があります。

ドッグフードを選ぶときには、飼い主さんが手で触れたときに、べたべたと油がつかないものや、ナチュラル、オーガニックのものを選ぶ

手作り食にするなど、食べ物の質を見直すこともしてみてください。

乳酸気の力でトイプードルの腸内環境を整えておく

また乳酸菌を食事に摂りいれ、腸内環境を良くしてあげることで、アレルギーを起こしにくい体質にするのも効果があります。

アレルギー症状が酷かった我が家のミックス犬の大吉は、プロバイオティクスが配合されているオーガニックドッグフードで、アレルギー症状が軽くなりました。

酵素や乳酸菌のサプリメントをドッグフードにプラスするのも、効果が期待できるでしょう。

犬のアレルギーを改善するのは根気も必要です

トイプードルのアレルギー対策には、まめなお掃除に食生活の見直しは必ず必要な事なのです。

症状が酷い愛犬の姿を見ていると、即効性のある治療方法を探してしまいます。

まずは、かゆみや腫れが酷い時には、動物病院の薬で症状を軽減させてあげてください。

そして、腸内環境を整える食生活を続け、免疫力をあげていきましょう。

食事やサプリメントで効果を期待できるのは、個体差もありますが2か月~ほどかかります。

根気は必要ですが、腸内環境を整えてあげることがアレルギー症状の軽減に効果があるのですから、続けてみることは必要な事です。

スポンサードリンク