トイプードルのドッグフード・食事

老犬用のドッグフードに切り替える前に確認してほしい事

16歳のトイプードル

老犬(シニア)用のドッグフード愛犬が何歳になったら切り替えますか?

ペットショップコーナーに並んだ年齢別、犬種別、大型犬、小型犬それぞれの目的を持って作られている沢山のドッグフード。

老犬用のドッグフードの表記をみると、7歳以上の高齢犬などと書いてあります。

でも、すべてのワンコが7歳を基準に老犬用のドッグフードに切り替えてしまっていいのでしょうか?

愛犬たちの体調や体格に合わせて変えています

ミックス犬1匹+トイプードル5匹、合計6匹の愛犬と暮らす我が家ですが現在の愛犬の年齢は、

ミックス犬「大吉」・白トイプードル「ミルク」・・・15才

アプリトイプードル「花」・・・14才

白トイプードル「小雪」・・・13才

レッドトイプードル「風花」・・・10才

黒トイプードル「空」・・・5才

6匹のうち5匹が老犬ですが、シニア用のドッグフードを食べているのは、トイプーの花だけです。

トイプーミルクはパピー用のドッグフードなど、高カロリーのフードを成犬用のフードと混ぜながら食べさせています。他の4匹は、すべて同じ成犬用のフード

6匹の体調や、食欲に合わせて、その都度、調整はしていますが、基本的には、このような食べさせ方になります。

ただし、我が家では定期的にドッグフードのローテーションをするため、シニア用ドッグフードの「花」も成犬用のドッグフードを食べるときがあります。

この時には、カロリー過多にならないよう、量で調整をしています。

犬が突然痩せだした理由は毎日の食事だった

食糞をくりかえした犬

老犬用のドッグフード表記「7歳」をキッチリと信じ、7歳になった「大吉」「ミルク」にドッグフードを切り替えたところ、2匹とも一気に痩せてしまいました。

自分では愛犬の健康に気を使って、老犬用の食事に切り替えたことが、実は栄養不足を起こしていたのだと、お世話になっている獣医さんに指摘されて初めて知ったのです。

シニア用ドッグフードの切り替えは7歳になったらではない

この時獣医さんに老犬の食事についてこのような説明を受けました

7歳になっても運動量が減っていないなら、慌てて老犬用のフードに切り替える必要はない

徐々に食欲が落ちたり動くことが少なくなったら、シニア用のドッグフードに変える。

老犬になって、体に不調がなく、痩せていくタイプの犬には、成犬用のドッグフードを量で調整すること。

獣医さんからの指導後、すぐに成犬用のドッグフードに切り替え、1週間もすると、痩せてきた太ももがふっくらとしてきました。

犬も老いのスピードは個体差が大きいのです

愛犬が年老いても元気に過ごせるためには、毎日の食事の管理は大事です。

シニア用のフードに切り替える理由として、

若い時と同じ食事を続けるのは、肥満や内臓疾患のリスクを高めるからと言われています。

ここで考えてみましょう。

人も老いていくと食事の質や量は気になりますよね。

でも、同じ年齢の人が皆同じように、カロリー控えめ、お肉よりもお魚、など食事内容を同じように替えるでしょうか?

ある程度は、意識して食事内容は変更しても、嗜好が変わらず、健康上問題がなければ、年を重ねて変わるのは、食事の内容よりも、食べる量に変化が現れると思います。

また、運動を良くされる方ですと、若い時とあまりかわらず、お肉などのタンパク質を美味しそうに食べ、胃もたれもされない方もいらっしゃいます。いつまでも若々しい方もいれば、なぜか急に老け込んでしまう方もいます。

人間が体格や、生活習慣などによって、食べるもの(体が欲するもの)が違うように、犬も食べ方や老いかたに違いがあります。

年齢でドッグフードの切り替えをするのではなく、年齢の経過と運動量を見ながら、シニア犬・老犬向けのフードに切り替えていくのが、食事によって筋力低下を招かないためには、必要な事なのです。

成犬用のドッグフードでもトラブルはありません

急激に痩せてしまった「大吉」と「ミルク」ですが、今も老犬用のドッグフードには切り替えていません。

トイプー花は、年齢と共に基礎代謝が落ちたことで、とても太りやすい体質になってしまいました。そのため、このこだけはシニア用またはダイエット用のドッグフードを食べてもらっています。

大吉・ミルク・小雪は年齢と共に消化吸収能力が悪くなったのか、食べても食べても痩せてしまうため、今も普通にアダルト用のドッグフードを食べさせています

風花は今だに運動量が多いので、アダルト用ドッグフードから切り替える予定はありません

老犬になったからと言って必要な栄養素が急に変わることはありません。

もし、愛犬のドッグフードを切り替えようかと思ったら、

現在の体調や体格・運動量など、総合的に判断したうえで、ドッグフードの切り替えを考えられるのが、ベストだと思います。

 

スポンサードリンク