トイプードルの毛色と体格

トイプードルが大きく成長するのは育て方の問題ですか?

一緒に動き回るトイプードル

この数年、小型化したトイプードルにタイニープードル・ティーカッププードルなどの名前がつき、小さなサイズのトイプードルが人気です。

小型化したトイプードルも増えましたが、スタンダードサイズよりも大きくなったトイプードルも、かなりの確率で目にするようになりました。

大きかろうが、小さかろうが、家族として暮らせば、どの犬も可愛い家族です。

しかし、予想よりも大きくなってしまったトイプードルに、ペットショップに嘘をつかれたと話すか方も実際にいます。

さて、どうしてこのような事になってしまうのでしょうか?

トイプードルの大きさは体重でなく体高で判断する

JKCの定めたトイプードルの犬種標準がトイプードルのスタンダードサイズです

*体高24cm~28cm(理想は25cm)。-1cmまで許容される。

スクエア(体高=体長)を理想としているので、体高・体長25cmくらいというのが理想のトイプードルの体型となるわけです。

では、体重はどのくらいがサイズとして理想なのか?となるわけですが、おおよそ2~4キロとも言われています。

しかし、同じ体高のトイプーでも、骨太や、筋肉質であれば、見た目よりも重くなりますから一概に何キロが基準とは言えないわけです。

さて、我が家のトイプードル5匹のサイズは、こちらのブログにも書いていますが結構なバラつきがございます

トイプードル の平均体重・体高。我が家の空はデカトイプー

どの犬も我が家にとっては、可愛い家族であることは間違いありません。

同じ親から産まれてもサイズの違いは出るものです

トップを短くしたトイプードル

トイプードル花母さんの産んだ子犬たちは、成長後、2.5キロ~3キロ代・体高は28センチ以下のトイプードルが多いのですが、中には大きく成長したトイプードルもいます。

白トイプードルの小雪は、体高が37cm

現在は、食べても食べても太れないシニア犬になってしまい4.6キロの体重ですが、一番体がガッチリとし、素敵な太ももの筋肉を持っていた時は、5.8キロもあったのです。

しかし、小雪よりもも大きく育ったトイプードルの弟犬がいます。

体高は聞いたことがありませんが、体重は8キロになったそうです。

しっかりとした体つきのオスのトイプードルは、飼い主の家族の方に沢山可愛がってもらい、とてもおっとりとした成犬になりました。

同じ母犬と父犬の間で産まれても、体のサイズにバラつきは出るものです。

なぜ大きなサイズのトイプードルが増えたのか

これは私にもあてはまりますが、トイプードルの人気が高まりだしたころ、自宅の愛犬に子犬を産ませトイプードルの子犬を望むご家庭に、お譲りする人が増えました。

一気に人気が高くなったことで乱繁殖が多くなったことが、大きなサイズのトイプードルが増えてしまった理由の一つと言われています。

もともと大きなサイズのプードルを時間をかけて、トイプードルのサイズまで持ってきたのですから、どんなに、交配時に気をつけても、ごくまれに大きなトイプードルが産まれるのだと、獣医さんから説明をされたこともあります。

ペットショップの「このこは成犬になっても大きくなりませんよ」は本当なの?

サイズの違うトイプードル

残念ながら、すべてが正しいとはいえません。

たまにペットショップで見る子犬達を見ていると、母犬と父犬の体重が書いてあり、子犬が成犬になった時の予想体重が、丁寧に書かれているショップもあります。

しかし、このうち何割かは、どうみても大きくなるだろうと予想できる子犬がいるのです。

ひどい時には、生後2~3か月の子犬を新しい飼い主さんにお渡しする際に、

「小型犬は4、5か月で成犬の大きさになるので、ドッグフードはできるだけ早く成犬用に切り替えてください」

「たくさん食べさせると、大きく育ってしまうので注意してくださいね」

などと説明を受け、生後4か月のトイプーに成犬用のドッグフードを買いにみえた飼い主さんがいました。

この飼い主さんには、子犬の時期の栄養が大切な事と、摂取カロリーや栄養素を減らして大きくさせない事は犬にとっては、犬にとって虐待に近い事を説明しました。

でも、どうしても愛犬を小さいままの姿でいてほしかったのでしょう

「それでも、成犬用のフードがいいです」と言われました。

この飼い主さんに、ドッグフードをお売りすることはしませんでしたので、その後、このおうちのトイプーがどのように成長したのか、母ちゃんには全くわかりません。

そして、ペットショップの店員さんを信じている飼い主さんに、犬を大きくさせないようにするための説明をした店員さんの気持ちもわかりません。

トイプーのサイズも個性の一つです

犬も人間と同じように、成長には個体差があるものです。

大きくっても、小さくっても、そのこが、持って生まれた成長をするのでしたら、成長を止めようとするは無理があるというものです。

どんな犬も家族になれば可愛いものです。体の大きさも、そのこの個性なのですから。

スポンサードリンク