愛犬のお腹の調子はいいですか?

おならの臭いが気になりませんか?

ウンチを出す時、毎回いきんでいませんか?

犬なのに便秘になったりしていませんか?

何歳になってもウンチを食べっちゃったり(食糞)しませんか?

体を痒がったりしていませんか?

あなたの大切なワンちゃんにこんな悩みがあるのなら、もしかしたら腸内環境が悪いのかもしれませんよ?

我が家のトイプー花は、ウンチを出すときにかなり踏ん張らなと出ないうえに、必ずと言っていいほど出したものはきっちり食べてしまうワンコでした。

そしてミックス犬の大吉はアレルギーで体を痒がり、ウンチも食べるワンコでした。

犬達のこんな行動に家族は長い間頭を悩ませていたのです・・・

犬の食糞いつまで続く?老犬になっても治らないのはなぜ?

食糞行動が10歳過ぎても治らなかったトイプードル花

毎回ウンチを食べる姿を発見するたびに、家族全員が「花とはチュ~しない!!」と大騒ぎ

子犬のころからずっと続く困った行動をどうにかしたくて

  • パイナップルも試しました。
  • 食糞防止のシロップも試しました。
  • 一味唐辛子やコショウなんて酷いものも試してみました。
  • ウンチは素早く片付けています。
  • ウンチをしたら大げさに褒め、美味しいご褒美をあげます。

でも、どんなことをしても、トイプードル花の食糞は治らなかったんです。

ところが、大吉はアレルギー症状が落ち着きだすのと同時に食糞はパタリとなくなったのです。

プロバイオティクスを摂って犬の体に起きた変化

ミックス犬「大吉」のアレルギー症状は、プロバイオティクスの入ったドッグフードを食べ続けることで、どんどんと改善されました。

それと同じくらいのタイミングで、ウンチに見向きもしなくなったのです。

【関連記事】犬のアレルギーと便の悩み。腸内環境を乳酸菌と酵素で改善する

トイプードル4匹も大吉と同じようにプロバイオティクスの入ったドッグフードを食べ続けていたおかげでしょう

お腹の調子が悪くなったり、被毛の状態が悪くなった犬はいません。

ところが、トイプードル花だけが下痢をしたり被毛にはトラブルがないものの、ウンチをするときに強くいきまないと出ない犬なんです。

母ちゃん
ウンチが硬くって出にくいから、家中ウンチスタイルのまま歩きまわるのよ
母ちゃんはイヤそ~な顔をするけど、私だって辛いのよ・・・

そして、ウンチを食べる癖も続いていました。

ウンチを食べる癖が突然治ったのはなぜ?

食糞していたトイプードル

そんな花の食糞問題が突然なくなったのです。

新しいドッグフードを食べだして数日したころ、花のウンチがスルッと出るようになりました。

そして食糞行動も数回に一回から、だんだんと回数が減ってきて、出したものに見向きもしなくなったのです。

やっと「うんち」を食べるの治ったんだ~♪

そう喜んだのも数か月だけ

フードローテションのためドッグフードを元に戻したら、また食糞がはじまってしまいました。

いったいなぜ食糞が再開してしまったのでしょうか?

生きた酵素入りドッグフードで排便がスムーズになる

花の食糞を止めることができたドッグフードと、今まで食べてきたドッグフードと大きく違うところは、生きた酵素が入っていたことです。

酵素が入ったドッグフードを食べている間は、ウンチもスムーズに出て食糞も毎日しません。

でも、ドッグフードを切り替えると、ウンチが出にくくなり毎日ウンチを食べようとします。

他の5匹はドッグフードを変えても何も問題はないのに、なぜ花だけがドッグフードでお腹の調子が変わるのでしょうか?

なんで私だけ皆と同じフードを食べているのに違うのかな?

酵素不足で食糞行動と排便問題がおきる

人も犬も生まれたときから「潜在酵素」というものを持っていると考えらられています。

この潜在酵素の量には個体差があるそうなんです。

潜在酵素は半永久的になくならないわけではなく、年齢と共に減っていくと考えられています。

酵素がなくなると、何を食べても消化・分解が出来なくなり、栄養として吸収して利用できなくなってしまうのです。

潜在酵素の量、減少の仕方によって、同じ食生活をしている犬達の中でも違いが出てくるのです。

母ちゃん
つまり、花は他の犬達よりも潜在酵素の量が少ないかもしれないって事なのね?

酵素は犬の体の中でどんな働きをしているの

ご機嫌なトイプードル

酵素は食べたものを消化吸収してくれる「消化酵素」と息をしたり筋肉を動かしたりと生命活動に関与する「代謝酵素」があります。

生き物が生きていくうえで、酵素はとても重要な働きをしているのです。

そのため年齢と共に潜在酵素の量が減少してくると、食べたものの消化吸収が上手くいかず、食欲の低下などの症状がみられるようになります。

消化酵素が不足すると消化できない事で消化器系に負担がかかります。

そして腸内微生物の微妙なバランスを崩し、有害な細菌の増殖を促進し免疫力を下げる原因になるのです。

そのため潜在酵素の減少=老化とも考えられているのです。

母ちゃん
年齢と共にあっさりとした食事しか食べたくなくなるのは消化酵素が減ってしまっているからなのね

少しでも元気で長生きをしてもらいたいと考えるのなら、年々減っていく潜在酵素の量を遅らせることが大切と言えるでしょう。

また酵素はビタミンやミネラルの働きを助ける役割をもあります。

ビタミンやミネラルをサプリメントなどで補っていても思ったよりも効果がないと感じたときは、酵素不足になっている可能性が大きいのです

犬の食糞で悩んでいる場合、消化酵素の不足が原因であることも考えられるため、酵素サプリメントを毎日飲ませることで、食糞行動が治る犬もいます。

母ちゃん
サプリメントの効果を確かめるために、花に同じドッグフードで2か月おきにサプリメントを足す、足さないをしてみました
ウンチが出やすかったり出にくかったり、母ちゃんのせいで大変だったわ

食糞を止めさせるためには、原因となるものによって解決方法が変わります。

酵素を与えれば必ず治るものではありません。

母ちゃん
犬の健康のためには酵素も乳酸菌も意識して摂らないとダメみたいね
ところで母ちゃん、今元気なら酵素も乳酸菌もすぐには必要ないの?

今現在なにも体調に問題はないからではなく、早くからプロバイオティクスや酵素を摂取させることで、腸内環境は適正な状態に維持され、病気に強い健康な体を維持することができるのです。

ずっと一緒だワンを選んだ理由

6匹の犬と暮らす私が、ずっと一緒だワン愛犬のサプリメントとして選んだポイントは3つあります。

1・特許製法の長生き酵素エンザミンが配合されている事

通常、酵素は、熱に弱いものです。

ずっと一緒だワンに配合されている、エンザミンは熱に強く、胃酸の影響を受けずに腸まで届けき、不足した酵素を補ってくれます。

2・ヨーグルト4個分の乳酸菌で健康をサポート

スプーン1杯分で400億の乳酸菌を摂ることが出来ます。

胃酸の影響を受けずに腸まで届き、腸内環境を整えることで、便臭や口臭を軽減できる効果が期待できます。

3・乳酸菌のエサとなるオリゴ糖を配合

乳酸菌を腸内で増やすためにはオリゴ糖が配合されています。

酵素・乳酸菌・オリゴ糖のトリプルパワーで腸内環境を整えてくれます

チキン味だから初めてのものに警戒心が強い娘の風花も、食いつきがよかったわ

ずっと一緒だワンを選ぶときに迷った事

ずっと一緒だワンのバナーを見ると初回送料込みで¥500となっています

これだけ見ると、500円ならお試しだけでもいいかな~と思っていしまいますが、この値段で購入できるのには2つの条件があります。

1・500円という特別価格で購入するためには、必ず3回以上の継続購入が条件

2・2回目以降の購入金額は¥2682(税込/送料無料)となっていること。

もしも、サプリメントを犬が嫌がってしまうのが心配な方は、通常購入¥3068(税込/送料別)でお申込みいただくのが良いでしょう。

ずっと一緒だワンの売り上げの一部が、動物保護施設『ライフボート』に寄付されています。
めぐまれない動物たちの保護活動に寄付されています。

乳酸菌や酵素の効果を実感できた後も続けてほしい

私がプロバイオティクス・酵素入りのドッグフードを販売するときに、お客様にお願いをするのは、

  • 効果が出るまで時間がかかる事
  • 効果を実感できても続けないと元に戻ってしまうこと
  • 乳酸菌も酵素も高熱に弱いので、お湯でふやかしたり、溶かしたりしないこと

この3点をしっかりと説明させていただいています。

プロバイオティクスが腸の中で増えていくためには、まず腸内環境を整えることからスタートします。

愛犬の腸内環境が悪くなってしまっている場合は、どうしても時間はかかってしまうものです。

酵素も同じように、摂取したらすぐに効果が出るものではありません。

また、同じだけの量を摂取していても効果には個体差もあるものです。

そのため、乳酸菌や酵素を摂取後、体調に問題などなければ2か月以上の継続をおすすめしています。

我が家のように愛犬の硬いうんちや、食糞に悩んでいたら、まずはお腹の中に問題がないか考えてみましょう。

ずっと一緒だワンはこちらの公式サイトのみでの販売となっています。

あなたが愛犬の食ふん問題に悩んでいるのなら、ぜひチェックしてみてください。

ずっと一緒だワン公式サイト

茶色い犬愛犬の免疫力・お腹の調子を整えてくれるサプリメントのランキングはこちらチェック!!

犬の免疫力を高めるサプリメントの選び方

犬の症状別おすすめサプリメント選ぶポイントと服用の注意点