トイプードルのドッグフード・食事

トイプードル達のドッグフードは犬の体調や悩みに合わせて選んでいます。

カナガンの粒

ミックス犬の食物アレルギーからドッグフードジプシーになり、現在も小さなドッグフードの店を営業中の我が家

トイプードル5匹には素材にこだわった様々なドッグフードを食べさせています。

多頭飼いならではの愛犬の体調に合わせたドッグフードの選び方とフードローテーションをしている理由

その中でおススメのドッグフードについてご紹介させていただきます。

トイプードル5匹が食べているドッグフード

1・カナガン

>>>イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

2・オーガニクス アダルト

>>>キャスター&ポラックス オーガニクス チキン&ブラウンライス 6.57kg (オーガニック ドッグフード)

3・アーガイルディッシュ ウィステリアアダルト

>>>アーガイルディッシュ ドッグフード ウィステリアアダルト-4kg

母ちゃんの仕事の関係上、いろいろなドッグフードを試してきましたが、2016年2月現在は上記の3種類をメインにフードローテーションを組んでいます。

犬の年齢、食欲などに合わせ、2017年10月現在も定期的にフードローテーション、ドッグフードの見直しはしています。

老犬達の筋力低下を防ぐ目的もありますが、基本的には犬には良質なタンパク質に重点を置いて食べさせています。

老犬になって散歩の時間はかなり短くなりましたが、室内ではかなりウロウロと歩きまわったり、気分のいい日は犬同士ではしゃぎまわります。

そのため、タンパク質の量が少ないドッグフードにしてしまうと、すぐに体重が減少してしまいます。

また、毛並みも悪くなるため、オーガニクスやアーガイルディッシュの時には、生馬肉などのタンパク質のトッピングをしています。

5匹の犬の年齢と体調に合わせてドッグフードを選ぶ

2016年2月現在、我が家の5匹のトイプードルは、16歳・15歳・14歳・11歳・6歳になりました。

トイプードルの平均寿命が14~17歳ですので、5匹中3匹が平均寿命の年齢になってきたわけです。

あわせて読みたい
トイプードルの子犬
トイプードルの気になる平均寿命と愛犬を長生きさせる秘訣私が子供の頃、犬が10才になっても生きていれば、長生きしてるとねと言われていました。 一緒に暮らしていた雑種犬達で、10才を超えた...

今まで何度か食欲がなくなったり、元気がなくなったり、病気になったりするたびに、ドッグフードの切り替えをしてきました。

  • 老犬になって食欲のなくなった時にはパピー用のドッグフード
  • 足先をしょっちゅう噛み続けるトイプーのためにプロバイオティクス配合のドッグフード
  • 年齢と共に筋力低下をしだしたトイプーのためにタンパク質の多いドッグフード
  • 涙やけの多いトイプーのために酵素が配合されているドッグフード
  • 体重が増えたときにはダイエットドッグフード
  • 結石予防のためのドッグフード

そのおかげなのでしょうか?

犬達の体調や食欲にあわせそのつどドッグフードの見直しや手作りごはん、時には生肉をプラスしたりしたきたのが良かったのか、今も全員元気に暮らしています。

また、フードアレルギーに配慮し定期的にドッグフードのローテーションもしています。

トイプードルのフードにお金をかけるのは贅沢なことなのか?

馬肉のトッピング

お店にご来店されるお客様から「どんなドッグフードを食べさせていますか?」と質問をいただくことは多いものです。

食べさせているドッグフードや食事内容を聞くと、多くのお客様からは

「ワンちゃんの食事代だけでも大変ですね」と言われます。

確かに、一ヶ月の食費を考えると、もう少し安くならないかな~と考えることもあります。

でも、今までトイプードル達のために医療費に支払った金額の少なさを考えると、トータルとしては食事に気を使ったほうがお財布に優しかったと言えます。

ミックス犬の大吉が家族になったころ、食べていたドッグフードで食物アレルギーを発症

これから数年間、獣医師に支払った医療費からすれば、トイプードルたちは動物病院にお世話になった回数は非常に少ないんです。

トイプードル5匹が動物病院にお世話になった病気

白トイプードル「ミルク」・・・保護犬時代にノミの寄生による瓜実条虫症(サナダムシ)

アプリトイプードル「花」・・・緑内障・ヘルニア・乳腺腫瘍

レッドトイプードル「風花」・・・膀胱結石

白トイプードル「小雪」黒トイプードル「空」は無し

大きな治療が必要だったのは上記の病気だけです。

季節の変わり目などの食欲不振(人間でいえば風邪のような症状)で慌てたことは2度ほどありますが、食欲がもどればケロッとしています。

ヘルニア・結石も食事の見直しで悪化させていません。

黒トイプードルの空はパテラがありますが、大きな問題にはなっていません。

老犬になっても毛並みは少なくなっていませんし、伸びも早いのでトリマーさんにも「食べているものがいいからかもしれませんね」って言ってもらえるんですよ。

愛犬の健康管理は毎日の食事が大事!

多頭飼いの我が家の場合、ペット保険も加入していないため、毎日の食事で健康管理をすることが最優先になってきます。

そう考えれば、体に良い食生活を心がけることは、決して高いとは言えないのです。

トイプードルは老犬になっても飛び跳ねるこも多く、足に負担をかけないために太らせないことを重点に考え、できる限り体重の増加をさせたくない飼い主さんもいます。

ですが、太る事と筋肉質では意味が違います。

筋肉質のトイプードルは体重がどっしりと重く、引き締まった体をしています。

老犬になれば、どんなに頑張っても筋力は低下していくため、愛犬の老化を防ぐためにも筋力低下を送らせるために良質なタンパク質のドッグフードを選ぶ必要があるのです。

トイプードルのドッグフード選びに迷っているのなら、フードの素材をしっかりと考えて選んでみてください。

スポンサードリンク