トイプードルの基礎知識

トイプードルの歴史

淋しそうなトイプードル

日本で人気犬種として長い間親しまれている「トイプードル」ですが、プードルがどうして小さくなっていったのか少し勉強してみました

トイプードルの歴史

プードルの歴史は非常に古く、フランス原産のイメージが強いのですが、もともとの語源のいわれは「pudeln(プデル=水を飛ばすという意味)」がイギリス風に訛ったものだとの説や

ヨーロッパ全域で古くから見られた、毛がぼうぼうに生やした犬だとの説など原産国を特定することは困難だとされています

なぜトイプードル=フランスなのか

このように原産国がハッキリしない犬種でありながら、プードル=フランスのイメージが強いのは、プードルがフランスで人気犬種となったことが背景にあるからです

フランス語ではプードルを「Caniche(カニッシュ)」といいます

フランスでは16世紀ごろから上流階級の婦人のあいだで、プードル(カニッシュ)の人気が高まり、ミニチュア・サイズのプードルが作出され、さらに18世紀後半のルイ16世時代には、トイ・プードルも作出されました

ルイ16世時代と言えばマリー・アントワネット王妃が有名ですよね。

この時代、マリー・アントワネットをファッションリーダーとし貴族の女性の間で競い合うようにお洒落を楽しんだ時代、プードルも彼女たちのファッションアイテムの一つだった可能性もあります

鳥猟犬だったスタンダードプードル

かつては鳥猟犬として活躍をしていた歴史を持つプードルは、もともとは鴨猟の回収犬として訓練され用いられていました

当時の名残りと言われるのが、独特なプードルカットで知られるショークリップですが、これは鳥猟犬として働いていたころに発案をされたといわれています

鳥猟犬として水に入るとき時に泳ぎやすく、水から出た後も乾きやすい用にと工夫されたということで、関節や心臓(胸回り)周辺だけを残してカットしたのは、被毛がない状態で水の中に入って、負担がかかる部位と、水の中で作業中、位置を確認できるよう、尻尾の先だけを残したと言われています

フランスやイギリスなどで小型化が行われ、次第に美的な要素も加味されてくると、鳥猟犬として活躍することもなく、今日の愛玩犬としての位置づけになっていったのです

スポンサードリンク