トイプードルの問題行動

犬がうんちをしながら室内を歩き回る癖!どうにかしてみる方法

一緒に水を飲むトイプードル

犬の多頭飼いをしていると、毎日いろいろなことがあります。

その中の一つに、トイレ問題があるのですが、「おしっこ」「うんち」もそれぞれ癖があって、その癖を見逃すと、犬のトイレ周辺で大惨事が起きてしまうこともあります。

そのなかで、「うんち」で問題を起こしてくれるのは、ミックス犬の「大吉」とトイプードルの「花母さん」

大吉は老化のため、うんちがしたくてトイレに向かう途中で、コロコロと便をしながら歩いています。

花母さんは老化は関係なく子犬時代からのくせ

ウンチスタイルで踏ん張りながら、少しずつ排便をしつつ室内を歩き回るのです。

トイプードルが排便中に歩くのは、何が原因でしょうか?

犬がうんちをするときに、歩き回るのには何か意味があるのでしょうか?

母ちゃんが犬を観察して考えられる理由は3つです。

1・トイレシートの汚れていない場所を探しているうちに歩き回っている

犬は、トイレシートが汚れている場所で、排泄するのを嫌がるものです。踏ん張った足先が汚れないよう、キレイな場所を選んでいるうちに歩きまわっている

2・同じ場所で排便をしていると、不安になるため歩き回る

犬にとって排泄中とは、かなり無防備ですよね!そのため、ウンチスタイルのまま歩きまわっている

3・うんちが出にくい

それとも、便秘とまではいかなくっても、便がかたく、出にくいのが理由で歩きまわっている

こんな理由があるのかもしれませんが、どれが正解とはなく、ただの癖だったりもするみたいです。

我が家の花母さんは、3のうんちが出にくいから歩きまわるタイプです。

そして、必死になって出したウンチを食べてしまう困った癖を持っているトイプーなんです。

犬がうんちをしながら歩きまわらないための4つの方法

叱られて機嫌が悪い犬

犬だって、ウンチをする場所を選びたいのは、飼い主としても理解をしてあげたいものですが、やっぱり、決まった場所でしてくれると、助かるものです。

では、どうしたらこの習慣は治るのでしょうか?

愛犬がどうして、歩きながらするかによって対策も違ってくるはずですが、下の4つは、どんなタイプの犬にも試せる方法です

  • トイレシートを汚れたままにしない
  • 食生活を見直して、スムーズにうんちが出るようにする
  • 犬のトイレをサークル内に設置する
  • トイレが小さい時は一回り大きくする

時々、歩きながらウンチをした場合、犬を叱る方がいますが、

犬はそこですることがダメなのか?

排便行為を飼い主に叱られたのか?

犬は理解できないのです。

犬が迷うような躾の方法は止めておきましょう。

ドッグフードを変えてみても効果があることもある

我が家の花母さん、ドッグフードの種類によっても、歩きまわる距離に違いがあります。

今まで一番排便がスムーズだったのは、酵素が配合されているワイソンのアナジェンでした。

涙やけの解消に食べさせていたのですが、もっさりとした便がスムーズに出てくれたため、部屋中ウンチスタイルのまま歩きまわらなくなりました。

アナジェンがリニューアルしてからは、以前ほどの「もっさりうんち」はなくなりました。

それでも、ナチュラルバランスと比べると排便はスムーズなようです。

あとは、腸内バランスを整えるためにヨーグルトやサプリメントを毎日の食事に乳酸菌や酵素をプラスするのも効果があり、ほぼ毎日なにかしら乳酸菌をプラスしています。

運動不足もウンチが出にくい原因ですが、花のように失明してしまった老犬の運動量を増やすことはできません。

また、子犬時代からウンチが出にくいタイプの犬は、運動だけでは解決しにくいのです。

そのため乳酸菌や酵素を意識して摂取する生活がとても重要になってくるのです。

もしも、花のようにウンチが硬くって出にくいのが原因なら、ドッグフードを変える、乳酸菌を毎日与えるなどの工夫もしてみてくださいね。

tnm (1)

こちらもあわせて読まれています。

犬の食糞問題!酵素と乳酸菌のサプリメントは最後の手段?

スポンサードリンク