トイプードルのしつけ方

トイプードルの足先・しっぽ・口、触っても嫌がらないようにしつける。

ジャーキーを貰うトイプードル

トイプードルの体のどこを触っても、愛犬は嫌がることなく、じっとしていますか?

足先・しっぽ・口触っても嫌がりませんか?

仰向けにさせてお腹を触っても嫌がりませんか?

家族以外の人が体に触れるのを嫌がりませんか?

犬にとって、体の先端部分は特に触られるのが嫌な場所です。

私もお客様のワンちゃんの体型を確認するために、体を触ることが多いのですが、なかなか触ることを許してくれないワンちゃんもいます。

このようなワンちゃんは、飼い主さんにさえ、先端部分を触らせてくれないことも多いのです。

さて、触らせてくれない事で、何が問題になるのでしょうか?

トイプードルのお手入れのためには触れないとダメ!

リラックスするトイプードル

犬と一緒に暮らしだすと、様々な場面で犬の体に触れないといけません。

お散歩から帰ってくれば、足を拭き、歯石をつけないために歯のお手入れも必要です。

爪の手入れに、耳掃除など、体を触らないといけない場面は沢山あります。

トイプードルは抜け毛が少ない犬種ですが、ちゃんとブラッシングをしてあげないと、細い巻き毛に抜けた毛が絡まったまま落ちず、毛玉になってしまいます。

定期的にトリミングをしてあげないと、体中の毛が伸びっぱなしになって、大変なことになってしまいます。

肉球のお手入れもしないと、足裏の毛が伸びてしまい、滑りやすくなりジャンプをしたり、走ったりするたびに、足腰に負担がかかってしまいます。

飼い主さんだけではなく、獣医さん、トリマーさんが触っても、「ウー」とうなったり噛んだりするようでは、とっても困ってしまいます

なぜ、触られるのが嫌な犬と、平気な犬がいるのでしょうか

犬は弱点になる場所を触られるのを嫌がるのです

ジャーキーを貰うトイプードル

犬にとって体の先端部分は、敏感な場所だったり、急所だったりする場所だったりします。

つまり、その場所をうっかりと触らせることで、怪我などしてしまえば、犬にとっては生きていくうえで大変困る場所です。

そんな大事な場所を触らせてくれるようになるためには、飼い主との主従関係をしっかりしないといけません。

飼い主を自分より下の身分と判断してしまうと、人が体に触ることを拒否し、噛んだり、うなったりするのです。

そうならないためには、しっかりと子犬の時から、しっかりとしつけをし、子犬の頃から沢山、体全体を触ってあげて、触られることは心地いいものだと、学習させることが大事です。

ただ、今まで触られるのが平気だったのに、突然、体の一部を触られるのを嫌がるようになる時は、何らかの問題があったのかもしれません。

犬が体を障られるのを嫌がる理由

・爪切りで血管まで切られてしまった

・体の先端部分を引っ張られた

・虫歯や歯槽膿漏で口腔内に痛みがある

などの理由で恐怖や痛みを感じてしまうと、触られることを拒否するようになります。では、嫌がる犬をどうしたら触れるようになるのでしょうか

犬がリラックスしている時に優しく撫でる。

犬はいきなり触られる事に恐怖を感じます。

触るときには、犬がリラックスしている時間に、まず優しく体全体を撫でてあげます。頭、背中とゆっくり撫でながら、段々と耳、口のまわり、足先、尻尾と順番に触っていきます。

体全体を撫でられても平気になったら、お腹も触ってみましょう。

ゆっくりとお腹を撫でてあげると、おなかを飼い主に見せてくれるようになります。

飼い主が自分より下の身分だと思い込んでいる犬の場合は、おなかをなかなか見せてくれません。

おなかを触るときには、先ほどのように、犬がリラックスしている時に、寝転がったままの犬のお腹をゆっくり触ってあげてください

愛犬の足先は触る順番に気をつける

犬は同じ足でも、前足を触られるのを嫌がります。

足を触られるのが嫌な犬の場合、まずは後ろ足から触ってみてください。

それでも、足先を触ると、体を固くして、威嚇を始める場合は、ご褒美作戦で根気よくしつけをしましょう。

  1. おやつを犬の鼻先まで持っていき匂いをかがせる
  2. 犬の前足をそっと撫でて威嚇をしなければ ご褒美をあげます。
  3. 再度、犬におやつの匂いをかがせます
  4. 犬の前足をそっと少しだけ持ち上げ褒めます
  5. 犬の足をもとに戻したらおやつをあげます。
  6. 再度、犬におやつの匂いをかがせます。
  7. 犬の前足を持ち上げ、前足を握り、威嚇をしなければご褒美をあげます。

根気よく、なんども繰り返すことで、犬に触られることは、怖い事ではないと学習させることです。

ご褒美で威嚇をしなくなれば、おやつなしでも出来るようにしましょう。

飼い主さんの態度で犬は威嚇するかしないかを決める

飼い主さんに前足や体を触らせないけど、私が触っても威嚇をしないワンちゃんがいます。

トリマーさんや獣医さんには威嚇をしないけど、飼い主さんには威嚇をするワンちゃんもいます。

こういった場合は、飼い主さんが、犬の体に触ることを怖がっているのが、犬に伝わってしまっているのです。

びくびくした弱い飼い主に、体を触らせるのは犬にとっては許せない事でしょう。

だって、守ってくれない人に、命を預けるなんてできませんものね。

人の手が優しく、触れられるのが幸せと感じることが出来れば、犬にとっても幸せな時間が増えるのですから、あきらめず、根気よくしつけてあげてください。

スポンサードリンク