トイプードルの散歩

犬の命を守る。ノーリードの散歩を自慢する非常識な飼い主

おばあちゃんと散歩する犬

時々見かける犬のノーリードのお散歩姿

飼い主さんの横や少し前をそれはそれはお利口さんに歩いているのです。

飼い主さんが赤信号の横断歩道で、立ち止まれば、犬もピタッと止まる賢さに犬の賢さに関心はしますが、飼い主としての心構えには関心出来ない母ちゃんです。

うちの犬は賢いからリードはいらない

大型犬をノーリードでお散歩されてる姿は、まず見かけることはありませんが、なぜ小型犬の飼い主さんの中には、犬をノーリードで歩かせる方がいるのでしょうか。

確かに、ノーリードでお散歩や車の乗り降りをする犬は、考え方によっては犬が賢く、飼い主のしつけが出来てると言えるかもしれません。

ノーリードが当たり前の飼い主さんは、

「うちのこは、他人を噛んだりしないから」

「うちのこは、勝手にどこかにいかないから」

などと言われますが、本当にそうでしょうか?

犬が賢かったらノーリードで外出してもいいのでしょうか?

訓練が出来ていたら犬は飼い主のそばを絶対に離れないのでしょうか?

答えはNO!!です

世の中は犬を好きな人ばかりではありません

これは私にも当てはまる話ですが、犬が大好きで小型犬を飼っていると、まるでこの世には、こんなに愛らしいものが嫌いな人間などいない。

そんな錯覚を持ってしまうこともあります。

しかし、犬が嫌いな人間にとっては、大型犬だろうが小型犬だろうが、大っ嫌いな犬には違いはないのです。

大抵の人間が可愛らしいと感じる犬の赤ちゃんでさえ怖いのです。

もしも自分の嫌いな恐怖を感じる生き物が、ノーリードで歩いていたらどうでしょうか?

愛犬家が考えなければいけないのは、世の中の犬嫌いの人に、犬も犬を飼ってる人間もさらにキライになってもらうことがないように、きちんとマナーを守ってもらうことではないでしょうか。

どんなに賢い犬でも突然の行動はありえる

リードが絡む多頭飼いの散歩

お散歩途中ですれ違う他の犬が吠えようが、横を自転車や小学生の団体が通ろうが、まったく気にもせず、ノーリードで飼い主さんとのお散歩を楽しんでいるワンちゃんもいます。

愛犬の賢さに安心してノーリードでお散歩を楽しむ姿は、犬が大好きな母ちゃんから見れば、犬の命に責任を持っていない行動にしか見えません。

どんなことにも愛犬が動じないつもりでも、突然どこかにいってしまうかもしれません。

突然の恐怖に誰かに噛みつくかもしれません。

突然、自転車や車に轢かれてしまうかもしれません。

リード一本でトラブルは避けられる

たった一本のリードの着脱が面倒なら、お散歩なんてしないほうが犬のためです。

犬の命を守ることを放棄しているのかと言いたくなります!

犬の賢さをアピールしたいのなら、犬を放していても良い場所で遊ばせればいいのです。

ノーリードで飼い主より先に進んでしまって、交差点で命を落とした犬を見たことがあります。

飼い主さんに突然訪れた愛犬との別れ、冷たい言い方かもしれませんが、命を守ることを放棄した当然の結果です!

たった1本のリードさえあればなかったトラブルです。

リードは愛犬の自由を奪うものではありません。

リードは飼い主が愛犬との命をつなぐものです。

小さいから・賢いから・可愛いから大切な愛犬なら責任を持つのが飼い主の役目です。

スポンサードリンク