トイプードルと暮らす

トイプードルとの暮らしにはサークルやケージが必要ですよ

ケージでリラックスするトイプードル

トイプードルを家族に迎えるときに準備するものとして、サークルやケージを買い物リストにいれていますか?

「サークルやケージで飼うなんて可哀そう」

そう思って、家の中を自由に歩き回れるようにしている家族もいます。

でも、本当に犬が家中をフリーで過ごすことができるほうが幸せなんでしょうか?

お留守番や夜眠るときケージに入れておくのは可哀想なのでしょうか?

サークルやケージでの生活は、犬にとってどうなのか?ちょっと考えてみようと思います。

犬だって自分のテリトリーの個室が欲しい

たとえば、仲良しの家族のいるリビング

人間だって居心地がいいものですが、眠るときなど自分の時間が欲しいですよね。

愛犬も自分だけの居場所は欲しいものです。

それなら部屋にお気に入りのベッドを置いておけば、ワンちゃんの居場所があるからOKじゃないですか?と、思いますよね。

まあそれでもいいのでしょうが、愛犬の危険を回避するためにもサークルやケージは役立つのです。

色々なものに興味がある子犬はなお危険

子犬の時期はなんでもかんでも興味を持ちます。

意外な行動をして、飼い主をびっくりさせることもあります。

コンセントをかじる。

階段を上ってしまう。

輪ゴムなど、意外と人が気が付かないものを見つけて口に入れてしまう。

子犬は人のよりも視線が低いため、思ってもみないものを発見しては口に入れて確認行動をします。

興味が沸いたものには好奇心いっぱいに近づいていきます。

普段当たり前の生活をしてる場所は、危険もいっぱい潜んでいるんですよ。

自分の場所があれば、お留守番の時だってつらくない

ケージで爆睡するトイプードル

自分の居場所がきちんとできていると、お留守番の時だって不安がなくお利口さんに家族の帰りを待っていられます。

ご家族の中に小さなお子さんが入れば、かまわれ過ぎて逃げ出したくなったりすることもあるでしょう。

イタズラをして家族が怒っているなとわかれば、できるだけ落ち着ける場所を探すはずです。

犬にとってはケージやサークルは窮屈な場所ではなく、安心できる場所になっているはずです。

どんなに家族のことが大好きなワンちゃんだって、家族と一緒にいる時間とメリハリをつけることも心を落ち着けるのに必要なことでしょう。

食事の後はハウスで落ち着いて過ごさせたい

トイプードルは嬉しことがあると飛んで跳ねるのですが、食後にこの行動はチョット危険なんです。

吐いてしまうワンちゃんもいるし、腸や胃が捻転してしまう可能性もあります。

食後はハウスでのんびりさせる!テンションが高くってなかなか落ち着けないワンちゃんの場合には、これが愛犬の健康のためにおすすめです

ハウス=自分の安心できる場所にしてあげたい

お気に入りのおもちゃを持ち込む

飼い主のご機嫌に合わせて、自分の居場所で様子を見る

体調が悪くって、ゆっくり過ごしたい

愛犬が好きなようにのんびりできる場所。そんな居場所なら愛犬にとっては辛い場所ではないはず。

家族で過ごす楽しい時間と一匹で過ごすのんびりした時間

個室を準備してあげたと思えばサークルやハウスはかわいそうではないですよ

スポンサードリンク