トイプードルを家族に迎える

トイプードルの子犬を迎えるときには時間をしっかり作りましょう

トイプードルの子犬

犬を家族に迎えるときは、時間がしっかり取れるときが良いですね。

お家にいつでも誰かがいる環境ならいいのですが、一人暮らしの方や皆さんがお仕事をされてる場合

長期のお休み前が新しい家族を迎えるのに一番適していますので、しっかり計画をとってください。

慣れない環境が安心・安全な場所に変わるまで

黒トイプードルの子犬

子犬にしろ、成犬にしろ、初めての場所は不安で仕方がないものです。

人にとって、新しく家族になったトイプードルを初めて家にやってきた日から、かまいたくって仕方がないかもしれませんが最初の1日目はゆっくりとさせてあげてください。

お家に連れてくるのも夜より日中のほうが、より良いでしょう。

人が生活をしてる間に少しでも環境に慣れさせれば、夜、家族が寝静まった後も少しは不安感が無くなっているでしょう。

トイプードルをブリーダーさんのお宅など親兄弟から直接離れてやってくる場合は、親兄弟の匂いの染みこんだタオルやおもちゃなどを譲っていただくと、初めての場所も不安が少ないです。

新しい環境に慣れるまでに時間を掛けましょう

聞き分けのいい子犬や成犬ですと、つい家族として迎えた翌日から、長時間のお留守番をさせてしまうかもしれませんが、出来る限り時間を作って、最初は一緒に過ごしてください。

人と犬との信頼関係があればこそ、長時間のお留守番などもスムーズにいくと思います。

信頼関係を築くためには、ある程度の時間も必要です。

お仕事などで日中留守が多いお家でしたら、出来る限りお休みの時にお家に迎えてください。

子犬を育てるのには時間が必要です。

成犬を迎えるときは、トイレのトレーニングも済んでいることも多く、食事の回数も一日2回となっているでしょう。

よほど帰宅時間が遅くならない限り大丈夫ですが、子犬には思ったよりも手間も時間もかかります。

トイレトレーニングは時間とタイミングが必要になります

食事は1日3回ですが、トイプードルの中には一回量を沢山食べられない子犬もいます。

子犬時代の栄養不足は基本的な体力や骨格を作る上で大事なものです。

食が細いワンちゃんは最初は1日4回でスタートすると、吐き戻しなどのトラブルを回避できます。

時間があればこそ、発見できることもある

子犬を入手する際に、健康なワンちゃんを迎えているはずですが、新しい環境によるストレスなどで体調を壊すワンちゃんもいます。

こんな時に一緒にいられる時間を作ってあれば、早めに対応してあげられることもできます。

そして、なによりも家族になったワンちゃんの性格などをじっくり観察することで、今後の育犬への自信につながるかもしれません。

時間がなかなか取れないけどトイプードルと暮らしたいとお考えの方は、ぜひ家族に迎えて少しの間は時間の調整をして、できる限り一緒にいてあげてください。

スポンサードリンク