トイプードルのしつけ方

トイプードルの体を食事中に触っても威嚇させないようにする

ドッグフードを味見する犬

犬にとって食事は生きていくために大事な事です

食事を途中で取り上げるのは犬にとってはかなり我慢のならない行動です

この犬にとって非常に大事な食事の邪魔をするのは、良くないので食べ終わるまで手を出さないと言われる方もいます

生死に関わる食事を中断させるのは、犬の性格を悪くすると言われる方もいます。

でも、我が家では必ず食事中に体中を触っても、犬が嫌がらない怒らないようにしているのです。

愛犬が誤って食べてはいけないものを口にした時

もしも愛犬が誤って食べてはいけないものを食べてしまったのを目撃したらどうしますか?

きっと大慌てで犬の口を開けて、それを取り出そうとするでしょう。

もしかしたら、犬に噛み癖があるため怖くて「吐きだしなさい、離しなさい」と必死に声をかけるだけになってしまうかもしれません。

そんな時のために、さっと飼い主が手を出しても大丈夫なように躾けることはとても大事な事です

悪戯に犬の反応が面白いからと、食べてる途中で食事を取り上げたり、ちょっかいを出すのとは意味が違います。

家族になったその日から、きちんとした躾は必要です

愛犬の体を撫で、声掛けをしながら食べさせる

犬は本能的に食事を取られるのを嫌がり、攻撃的なります

パピー時代に出来る限り、人の手が体に触れても、警戒しないようにするためには食事中にゆっくりと背中を撫でながら、声掛けをしてあげるといいでしょう

この状態に警戒心がなければ、徐々に手を顎下に持っていき、ゆっくり撫でてみましょう

少しずつ頭、耳なども触れるようになりますが、もともと警戒心の強いタイプのトイプーの場合は焦らずゆっくりと進めてください

食事を小分けにして与える

愛犬の離乳期が過ぎたなら、ドライのドッグフードを小分けにしてフードボウルに入れてあげてください

いつもの量を少量ずつあげるのですが、この時、飼い主の手の中にあるフードを顎下付近まで持っていき、愛犬に人間の手の中に食べ物があるのを確認させます

その後フードをフードボウルに入れるのですが、この時、顎から口の周りをゆっくりと触り「おりこうね」と褒めながらフードをあげてください

飼い主の手から食事が出ることを覚えると、食事を取りあげられるといった警戒心が無くなります

おやつを手から直接食べさせる

サイズの違うトイプードル

食事以外に、おやつを飼い主さんが、手に持って食べさせてあげるのも効果的です

少し大きめのおやつなら、食べてる途中で取り上げないと、食べ過ぎになってしまうことや、大慌てで飲み込もうとしたときに困ってしまいます

飼い主さんが食べる量、時間をコントロールすることが出来れば途中で取り上げても、最初少し悲しそうな表情はしますが「いつものことか・・・」とすぐにあきらめてくれます

食事に興味のないトイプードルの場合

最近多い食事に興味のないトイプードルの場合は、人の手から食事を貰うことに抵抗がなく食事中に対しては警戒心がないこともあるので心配はないでしょう。

でも、お気に入りの「おもちゃ」を取られると途端に攻撃的になるこもいます。

「おもちゃ」を与えるときには、飼い主が主導権をもって一緒に遊んで、おもちゃを取り上げられても大丈夫なようにしてください

気に入ったおもちゃに執着しすぎて、破壊してしまう犬もいます。

壊れたおもちゃの破片をお腹の中に入れてしまわないためにも、口に入ったものを取り上げられるようにしておくことは、とても大切な事なのです。

スポンサードリンク