トイプードルのしつけ方

トイプードルの無駄吠え・要求吠え!吠え癖を直すしつけの方法

躾中のトイプードルの子犬

トイプードルの無駄吠えに悩んでいませんか?

宅急便のお兄さんがやってきたときや、外出先で見知らぬ犬にあった時に吠えるのは、警戒心や恐怖から吠えているのはわかるのですが・・・

なぜか安心できる家の中で、やたらと吠え癖がついてしまっているワンちゃんがいます。

なにかを守らないといけない!

怖い!

などと言った場面以外で、もしトイプードルが吠えることが多いのなら、それは飼い主への要求吠えによる吠え癖だと考えられます。

飼い主との関係が犬の無駄吠えの原因?

どうしたのと言いたげなトイプードル

無駄吠えには3つのパターンが考えられます

  • 犬が恐怖のため、身を守ろうとして吠える
  • 大切な仲間を守ろう(家族)としたときに吠える
  • 自分の要求をかなえてもらおうとして吠える

どのパターンもトイプードルと飼い主との主従関係がはっきりしていれば、「マテ」「ダメ」と指示をすれば吠えるのを止めます。

しかし飼い主との力関係が逆転してしまっていては、「マテ」「ダメ」と指示をだしても吠えるのをやめません。

恐怖が強くパニックになって吠える

飼い主との関係は問題はなくても、神経質で怖がりなトイプードルの場合は、たとえ守られている環境にいてもパニックで吠えてしまうことがあります。

不安な時に飼い主の冷静な声での指示で、その場では吠えるのを止めることができる犬も多いのですが、怖いものが怖くないと理解できなければ、吠える癖はなかなか治りません。

家族や自分の身を守るために吠える

犬が家族の中でボスになってしまっている場合、散歩で見知らね人や犬に出会い、一緒にいる家族を守らなくてはいけないため、威嚇吠えを始めます。

このような状況で飼い主がいくら吠えるのを止めさせる指示を出しても、群れのボスである犬は言うことを聞きません。

自分の要求を通そうとして吠える

家族の中で一番立場が偉くなってしまった犬が「遊べ」「ゴハン!」「おやつ!」「散歩!」と次々自分の要求を伝えるために吠えるのは当り前の行動なのです。

犬としては当り前の要求でも、家族はその望みをすべて叶えるわけにはいきません。そうなると、犬としては家族が自分のためにしてくれることをしてくれるまで吠え続けてしまうのです。

トイプードルが要求吠えをする家庭の問題

可愛い顔のトイプードル

小さなトイプードルと暮らしだして、子犬のすることだからと我がままを許してしまっていませんか?

知能が高い犬種だからこそ、自分と飼い主の立場をすぐに理解してしまいます。

犬が遊びたがっていたら、すぐにおもちゃを渡して遊んであげませんでしたか?

犬が飼い主の食べているものを欲しがったら、すぐに食べさせていませんでしたか?

犬と一緒に寝ていませんか?

もしも犬が生活の中で我がままを通し、自由にさせる時間が長すぎた結果、無駄吠えをしているのであれば、犬との生活の見直しをしなければ無駄吠えはなくならないのです

トイプードルの無駄吠えを治す方法

見つめ返すトイプードル

犬が吠えるからといって、他の犬が散歩をしない時間ばかりに出掛けてはいけません。できる限り沢山の経験をさせることも吠え癖を治すのには必要です。

家の中で遊ぶときも、食事を上げるときも、犬が要求するからではなく、飼い主が主導権をもってください。

散歩も犬が行きたいときにするのではなく、家族が行ける時間にしましょう。

トイプードルが吠えたら目をみて「ダメ」

犬が吠えたら手で口を軽く閉じながら掴んでください。

この時、必ずトイプードルの目を見ながら「ダメ!」としっかりと落ち着いた声で言いましょう。

犬が吠えたり唸ったりするのを止めたら、手を離しながら「お利口ね」と褒めてあげてください。

手を離したあと、また吠えたら同じことを繰り返します。

犬との関係が正しくない状態では、犬にとってマズルを自分より下の立場の人間に掴まれ、指示されても効果はなかなか現れないでしょう。

また、神経質で怖がりのトイプードルの場合、飼い主との関係は正しいものでも、すぐに効果が出るものではありません。どちらのタイプも根気よく、何度も繰り返すことが必要なのです。

吠え癖を治すための「まとめ」

トイプードルの無駄吠えを治すために一番重要な事は、逆転してしまっている主従関係を見直すことです。とはいえ、犬と人との関係が逆転してしまったものは、しつけをやり直しても正しい主従関係にすぐ戻れるわけではありません。

主従関係がしっかりしていても、吠え癖を治すためには根気は必要です。

また、できる限り早く効果を出したいからと、無駄吠えを治すといった道具を使うことは、あまりお勧めできません。

根本的な問題を解決せず行う強制的なしつけの方法は、効果がでたとしても犬にとってはかなりのストレスになります。

家族がいれば犬のしつけの方法は全員おなじでなければいけません。

厳しくしつける人がいるのに要求を全て受け入れてくれる人もいるのでは、どちらが自分に利があるかをトイプードルはすぐに勘付いてしまいますのでご注意を!

スポンサードリンク