トイプードルの病気

関節がゆるいトイプードル。膝蓋頭骨脱臼パテラの症状と予防方法

キャリーバックから顔を出す犬

獣医さんやペットショップで、「関節がゆるい」とか「膝がゆるい」とか聞いたことありませんか?

これ、スタンダードプードルからトイプードルまで、プードル全般に多い疾患で、膝蓋頭骨脱臼(パテラ)と言われる病気です。

小型犬ではトイ・プードルの他、ポメラニアン、チワワ、ヨークシャーテリア・マルチーズなどにもよく見られます。

また、最近では膝蓋頭骨脱臼になりやすい犬種同士の掛け合わせで産まれたミック犬にも、膝蓋頭骨脱臼で悩んでいるワンちゃんが多くなりました。

もしも、可愛い家族の「膝がゆるい」と言われてしまったら、何を注意してあげたらいいのでしょうか?

プードルに多い膝蓋頭骨脱臼パテラについて

トイプードルの飼い主さんが集まれば、「膝がゆるい」とか「脱臼したの」とか、かなりの確率で話題になるのが、膝蓋頭骨脱臼(パテラ)です。

それだけ多くのトイプードルにみられる疾患で、後足の膝蓋骨(膝のお皿)が正常な位置の膝関節の中央に収まらず、外れてしまった状態がパテラといわれる「膝頭骨脱臼」です。

パテラの発症原因

先天性(遺伝性)

  • 膝関節の発育不全
  • 膝関節周囲の筋肉や靭帯の発育異常
  • 骨の成長異常

後天性(外傷性)

  • 滑りやすい床での急激な方向転換
  • 打撲や落下
  • 肥満

パテラの種類

膝のお皿が内側にずれる内方脱臼

  • トイプードルなどの小型犬に多い

膝のお皿が外側にずれる外方脱臼

  • 中・大型犬は「外方脱臼」が多く、外方脱臼は、股関節形成不全が見られる

頻度としては内方が多いと言われています

パテラの症状

症状は、グレード1~4まで4段階に分類され、この数字が大きくなるほど重篤です。

脱臼の程度(グレード)により無症状のものから歩行困難などのために手術が必要とする場合もある。

膝頭骨脱臼・パテラのグレード

パテラ・グレード2

黒トイプー空パテラ

膝蓋頭骨脱臼の症状は、グレード1~4まで4段階に分類され、この数字が大きくなるほど重篤です。

グレード2以上は外科的手術により修復する必要があると言われています。

グレード1

膝蓋骨は正常な位置にあり、膝蓋骨を押すと脱臼するけど指を戻すと治る

症状が出ても自然と膝蓋骨が正常の位置に戻って痛みもない場合が多くある。

グレード2

膝の関節を曲げると膝蓋骨は脱臼するが足を伸ばすと元の位置に戻る。

脱臼した場合に自然と修復されることはありませんが、指で押し戻して修復(正しい位置に膝蓋骨を戻す)ことが可能。

若いうちは特に生活に支障はなくても加齢と共に骨の変形を伴ったり、膝蓋骨を支える靭帯が伸びてグレード3に移行するとされている。

グレード3

膝蓋骨が常に脱臼している状態。指で押し戻して修復することができるが、直ぐにまた外れ歩行も困難になっていく

グレード4

外れた膝蓋骨を指で修復することはできず、手術が必要となる。

歩くときは背中を曲げかがみ込むような姿勢になる。

犬がパテラになった時の注意点

パテラはほうっておいても完治することはない病気です。

犬が痛みを訴えたり、いつもと違う歩き方や、背中を丸めて歩いている時には、必ず動物病院で症状に合わせた治療をしてください。

先天的なものであれ、後天的なものであれ、家族ができる対策は沢山あります。

また、膝蓋頭骨脱臼(パテラ)のワンちゃんは、変形性関節炎になるリスクも高くなるため、十分に注意をしておかないといけません。

老犬になっても、犬が自分の足で歩く楽しみをなくさないためには、しっかりと予防対策をしてあげてください。

膝頭骨脱臼・パテラを予防する6つの方法

ケージの中の犬

暴れてジャンプを繰り返すとケージで落ち着かせます。

黒トイプー空は先天性のパテラ・グレード2です。

我が家に来てから動物病院で再検査してもらいましたが、やはりグレード2でした。

早急に手術は必要でないが、予防のために日常生活で足への負担を減らしてあげる必要があると説明を受けました。

足にできるだけ負担をかけない生活を続けてきたおかげでしょうか?

6歳になった今も、パテラが原因で獣医さんにお世話になることはありません。

トイプー空のように注意しながら日常生活を送ることで、パテラの進行を遅らせたり・予防することはできますので、ぜひ参考にしてみてください。

1・足元が滑りやすい環境にしない

足元が滑りやすいフローリングはやめ、犬が行動する範囲は絨毯やコルクマットを使用する。

そうはいっても掃除が簡単にできるフローリングは、犬と一緒に生活するうえで大変ありがたいものです。

床材を変更することが難しいのであれば、フローリングに滑りにくいコーティングをしておくのも良いでしょう。

また、足裏の毛が伸びていると滑りやすくなるので、肉球が見える状態にしておくこと。

2・ジャンプや急激な動きをさせない

トイプードルは運動能力が高く、ジャンプが大好きな犬種です。

クルッと回転しながらジャンプしたり、ダッシュで走りながら急に方向転換したりといった、足に負担がかなりかかってしまう動きが得意です。

パテラと診断されたならグレード1でも足に負担をかけないよう、このような動きをさせないように十分注意をしましょう。

また、ケージやハウス内でジャンプしながら要求吠えする犬の場合は、ジャンプが出来ない高さに調整する必要もあります。

3・肥満に注意する

体重が重くなれば、それだけ足に負担がかかるので、犬を肥満にさせないように注意しましょう。

筋肉は脂肪よりも重いため、体重ばかりに気を取られてしまうと、筋肉の量を減らしてしまう可能性もあります。

関節を支えるための筋肉が減ってしまうことで、パテラの症状が重くなることも考えられますので、犬の体型を確認しながら体重管理はしてください。

4・階段の上り下りはさせない

できるだけ階段の上り下りはさせないようにする

5・足にしっかりと筋肉をつけておく

関節への負担を減らすためには、しっかりとした筋肉が必要です。

筋肉を作るためには毎日の散歩でも効果はありますが、できるだけ足に負担がかからないように芝生や原っぱ、土の上など硬くない場所を選んで歩きましょう。

また、筋肉をつけるためには良質なたんぱく質はかかせません。

体重コントロールに熱心になりすぎて、たんぱく質の量を減らさないように注意してください。

6・関節に効果がある成分のサプリメントを与える

老犬なると関節炎に悩む犬が多くなってきます。

軟骨がすり減って関節が変形する病気「変形性関節炎」はパテラも原因の一つです。

軟骨や骨に効果があるグルコサミンやコンドロイチン配合のサプリメントを与えるのも予防のためには必要です。

パテラの予防まとめ

人間が年を取ると「足腰が痛い・・・」と訴えるのと同じように、犬だって年齢とともに軟骨成分がすり減り元気よく走ったり、歩く姿に違和感が出るものです。

もともと関節に問題を抱えているワンちゃんや、トイプードルのようにジャンプの大好きなワンちゃんなら、家族が知らない間に関節に大きく負担がかかっている可能性は高いはず!

犬も高齢化している今、トイプードルに多い関節の問題は深刻になる前にサプリメントや食事など早めにケアを始めておきましょう。

高齢犬になって寝たきりになるのを防ぐためには必要なことですよ。

あなたが愛犬の足腰のケアが気になっていのなら、ぜひ一度チェックしてみてくださいね

>>>獣医師が認めた犬用関節サプリ【毎日散歩】

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016