トイプードルの問題行動

トイプードルのいたずらは何歳まで?6歳トイプーの危険ないたずら

トイプードルも1歳を過ぎるころから、だんだんと性格が落ち着いてきます。

3歳にもなれば、すっかり落ち着き、大はしゃぎする性格やイタズラ好きな性格もほとんど姿を消してしまいます。

こうなってくると、

「最近は落ち着いてきたから、ちょっとくらい留守番大丈夫だろう」

そう思った飼い主さん、ケージやサークル内で留守番させず、室内にフリーでお留守番をさせる方いませんか?

でも、ちょっと待ってください!

本当にワンちゃんはイタズラをしなくなったんでしょうか?

6歳の黒トイプードル空が突然始めたイタズラ

先日、母ちゃんのノートパソコンのACアダプターから火花がでました。

ホットカーペットのカバーの上で、パチパチと火花が出ている横で、尻尾を下げて怯える黒トイプードル空

大慌てでコンセントを抜き、火花がでていた箇所を確認すると

コードを噛みきる犬のイタズラ

見事に噛まれていました・・・

空は、10か月くらいまで「おもちゃ」や「スリッパ」を噛む癖がありましたが。

今では眠くなると「おしゃぶり」代わりにタオルや毛布をチュパチュパするだけです。

にっこりするトイプードル
犬が毛布やタオルを吸う癖。ふみふみチュパチュパは心の病気我が家の黒トイプードルの空は6歳になってもタオルや毛布を口いっぱいに入れて、ハミハミ、チュパチュパしながら、前足でふみふみしています。 ...

お気に入りの「タマゴちゃん」だって、3年以上使っているのだって壊れていません。

母ちゃんが、そこらへんに書類を広げて仕事中だって、書類やテキスト類を噛んだり、バラバラにすることはありません。

それが、6歳になった今、ACアダプターを噛みきろうとしているとは思いもよりませんでした。

でも、よ~く思い出してみると、いい年をしたトイプードルが突然イタズラを始めたのが過去に2匹いました。

5歳のレッドトイプードル風花が突然始めたイタズラ

子犬の頃からイタズラなんてしたことがない、手のかからなかったトイプードルの風花が、とんでもないイタズラをしたのが5歳の時

ある日、「こたつ」のコンセントがボロボロになっていたのを発見

最初は10年も使っている「こたつ」のだからコンセントも古くなったのだろうと思っていました。

新しいコンセントを購入して変えても、翌朝にはボロボロ

そして3本目のコンセントも翌朝にはボロボロ。

そこで、誰がイタズラをしているのか、外出した振りをして、そっと観察をしてみると風花が必死にコードを噛んでいたのです。

3歳の白トイプードル・ミルクが突然始めたイタズラ

保護犬だったミルクは、我が家にやってきた時から、手がかからないトイプードルでした。

お留守番をさせても大人しく待っているワンコでしたので、ゴミ出しの間とか、幼稚園バスを待つ間とか、そんなちょっとした時間は、リビングでお留守番をさせていました。

ところが、ある日

帰宅した家の中はティッシュペーパーを噛み散らかした後があります。

犬達がイタズラをしないように、ティッシュペーパーの箱は棚の上、ゴミ箱だって蓋つきのを使っています。

いったい誰がイタズラをしたのかを見ると、ミルクの鼻や歯にティッシュがついています。

その後、現場を発見してわかったのですが、ミルクは蓋のついたゴミ箱を、爪でひっかけて上手に開けティッシュだけ出して食い散らかしていたのです。

手のかからなかったトイプードル達のイタズラ

見つめるトイプードル

3匹のトイプードルが突然は始めたイタズラは、間違えば大怪我や命に係わることでした。

しかも、3匹とも子犬の頃から手のかからないワンコばかりです。

普段は10分以上目を離す時には必ずケージに入れておくんですが、聞き分けがいいトイプードル3匹

つい、良いワンコにしているだろうと信じ、室内をフリーにしていた結果、とんでもないイタズラをしていました。

犬は不安や淋しくなると突然イタズラを始める

この3匹のイタズラは、ただのイタズラではありません。

よくよく考えてみれば、空と風花は母ちゃんの仕事が忙しくなり、

かまってもらえない、置いてきぼりにされた、この淋しさからコードを噛んでいたようです。

ミルクがイタズラをしていたのは、家族がいない家の中に、犬だけで留守番させられていた後です。

聞き分けのいいトイプードルでも室内フリーは危険です

お留守番の時間、広い家の中で好きな場所で過ごせるのが、犬にとっては幸せだと思ってはいけません。

狭いケージやハウスの中で一匹で留守番させているのが可哀そうと感じるものですが、犬にとっては広い場所に置いてきぼりにされるほうが辛いものです。

急に大きな音がした

気になる気配がした

そんな突然の出来事に、飼い主が家の中では不安で仕方がないのです。

そして、不安を解消するために、物を噛んだり、飼い主の匂いがするものを探し出してぐちゃぐちゃにしたりします。

※ミルクが噛んでいたティッシュは、母ちゃんの部屋のゴミ箱の物でした。

ほんの少しの間と油断せず、ハウスの中で留守番させることで突然のイタズラを防ぐことができます。

何歳になっても急に不安になったり淋しくなることで、とんでもないイタズラをする可能性があるのですから、十分注意をしてください。

外に向かって吠える犬
トイプードルのお留守番はケージ飼いをおすすめします。我が家の5匹のトイプードル達はそれぞれケージで暮らしています。 我が家にやってきた日から、用意されていたケージでの生活は、トイプー...

スポンサードリンク

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016