車に乗ると吠える犬、ウィンカーの音で吠える犬。車内は毎回大騒ぎ

はしゃぐトイプードル

皆さんは愛犬と楽しくドライブ楽しめていますか?

ワンちゃんは車の中で大人しくしていますか?

もしかして、車の中でギャンギャン吠えて、運転中にピキッときていませんか?

じつは私、犬とのドライブ中は・・・今でも時々耳栓がほしくなるんです。

母ちゃんの愛車のミニバンの中で、お友達ワンコと一緒に車に乗り、ドッグランへ遊びに出かければ当然車内はトイプーの大合唱・・・(;’∀’)

さて、どうやって躾をしなおしたらいいのか?

ちょっと真剣に考えてみることにしましょう

スポンサードリンク

同じ家で育っても犬によって車の中での反応はこんなに違う!

我が家のワンコ達はドライブ中どんな反応をするのか、ざっとまとめてみました

●故ミックス犬「大吉」

ドライブ中は外の風景をボーと見てるか、寝てるか。とても大人しくドライブ大好き

●故トイプードル「ミルク」

助手席にワンコ用シートベルトで固定させておけば、大人しくしている

ただし、後部座席など母ちゃんの顔を見ることができない場所に座らせるとずっと鳴き続ける

 

●トイプードル「花」

基本は大人しい。ただしウィンカーの音が聞こえると、かなり動揺し数分間大声で鳴き続ける

信号機で止まる、一時停止で止まるなど、車が止まると鳴く。

●トイプードル「小雪」

はしゃいで落ち着きがなくなる

他の犬達が鳴きだすと、誰よりも大きな声でつられて鳴きだす。

●トイプードル「風花」

ほぼ、ずっと悲しそうな声で鳴き続ける。ウィンカーの音が聞こえると急に大声になって吠えまくる

●トイプードル「空」

ミックス犬の大吉とほぼ同じタイプ。

ただし助手席に座らせると怖がり鳴くこともある。後部座席なら大人しくできる

こうやって、書き出したのを読んだ方は「な~んだ、たいしたことないじゃないか・・・」ときっと思われていることでしょう。

でも、これは1匹ずつ車に乗せたときの車内の様子なんです。

興奮状態の犬が一緒だとどうなるのか?

ドライブ

1匹なら運転中も気にならない犬達の態度ですが、これが2匹以上になると運転している母ちゃんがイライラしてしまうのです。

まず、車のなかでグズグズと鳴き続ける風花につられて、他の犬達もか細い声で鳴きだします。

次に、ウィンカーの音を聞きつけて大声で鳴きだす花の声で、全員が一斉に吠えだします。

そして、母犬の花と妹犬の風花が吠えることで、興奮のスイッチが完全に入ってしまった小雪が車内をガンガンと暴れまくります

そんな雌3匹の行動に眉間にしわを寄せ嫌そうにする雄3匹

最初は嫌そうな顔をして我慢をしているのですが、我慢が限界に達すると雌の頭をポコリと殴りだします。

結果、車内は吠える犬・暴れだす犬のため騒々しいことになってしまうんですね。

スポンサードリンク

車に乗ると吠える犬の対策にしてみたこと

1匹なら問題はない

2匹ならどうにか問題なない

3匹以上になると、なぜか大騒ぎを始める我が家のワンコ達

犬達と暮らし始めて17年が過ぎ、この間何度も犬とのドライブを楽しむために努力をしてみました。

できるだけ一緒に出掛けるためにも努力もしてみました。

では、我が家がどんな対策をし、効果があったのか

車の中で吠えたり、暴れたりするワンちゃんがいるご家庭は参考にしてみてください。

1・車に徐々に慣れさせる

たぶん、これが一番効果があるんじゃないでしょうか

大吉&ミルクが家族になったばかりの頃、我が家はしょっちゅう2匹と子供たちを連れてドライブをしていました。

犬がドライブで疲れないようにと、少しずつ距離を伸ばす方法で車に慣れさせていたのが良かったと考えられます。

空は子犬の頃は不安そうに鳴いていましたが、1歳ころから母ちゃんと一緒に通勤をするうちに、車に慣れて鳴かなくなりました。

2・車に乗ると良いことがあると教える

花・小雪・風花は仕事が忙しかったこともあり、車に乗せるのは「動物病院」「トリミング」に行く時だけ。

車に乗り慣れない上に、到着場所が「嫌な思い出の場所」ともなれば、犬が車に乗るのを嫌がるのは当たり前です

そこで、現在12歳の風花を車に慣れさせるために家族で頑張っているのは、車に乗ったら良いことがある!!と教えることにしました。

車に乗る=ドッグラン

車に乗る=散歩

車に乗る=カフェ

車に乗っていけば、新しいワクワクを楽しめるってことを覚えてもらうという作戦です。

この作戦を開始しだして約半年過ぎましたが、どうにか大声で吠えることは無くなりました。

悲しそうな声で鳴くのも、車に乗って30分以上は我慢できるようになりました。

3・ケージに入れる

広くない移動用キャリーバッグやバリケンネルに入れる方法は、ドライブ中の犬の安全を考えると一番良い方法です。

でも、吠えなくなるかと聞かれれば、我が家のトイプードル達の中で花&風花の2匹は、この方法で対策をしても吠えました。

車内ではしゃぎまわる小雪にバリケンネルを使ったところ、バリケンネルが後部座席でひっくり返り大騒ぎになったこともあります。

また、あまりにも暴れまわるため移動用のキャリーバッグは2個破壊してくれたこともあります。

そこで、室内で使うケージを移動用に使えるタイプにし、そのまま車に積み込むようにしたところ、とりあえず車がバック駐車するまでは吠えなくなりました。

犬も年とともに変化を嫌うものですから、家の中で普段使っている慣れているケージやバリケンネルをそのままドライブに使うのは良いと思いますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリスオーヤマ 折りたたみケージ シルバー/ブラウン OKE-450
価格:2979円(税込、送料別) (2017/3/3時点)

 

4・吠え続けたら家に帰る

犬が車に乗って吠える理由の一つに、ワクワクしすぎて興奮状態になっているため吠え続けることもあります。

こんなときには、思い切って家に戻ってください。

そして、犬が落ち着いたら、再び出かけてみてください。

犬はお出かけを想像してワクワクしているのに、「あれ???なんで???」と考えるはずです。

車に乗って吠えたら、いったん降ろす

エンジンをかけたら吠えるのであれば、エンジンを切って犬が落ち着いたら再びエンジンをかける

かなり面倒なことですが、犬の興奮状態をしずめるためにはおすすめの方法です。

車に徐々に慣れても、なかなか静かにならない車の中

犬達が若かったころよりも、犬と一緒のドライブはかなり静かになりました。

それでも、完璧にお利口さんでドライブを楽しめているわけではありません。

他の家のワンちゃんと同情すれば、興奮して鳴き続けることもあります。

車の外で聞きなれない音がすれば、ビクッとして吠えだすこともあります。

黒トイプー空なんて、家族全員が車の乗りこむまで吠え続けることもあります。

お出かけがわかった瞬間、興奮して鳴きながら車に乗ろうとする犬には、興奮を落ち着かせてからしか車に乗せられない日もあります。

とにかく、お出かけのたびに興奮させない、車に乗るのは特別なことではないということを、犬と一緒のドライブを楽しむために根気よく教えてあげてくださいね。

スポンサードリンク