トイプードルのドッグフード・食事

カナガンドッグフードの口コミや評判は本当なの?犬5匹が試してみました

カナガンドッグフード

ドッグフードを販売する当店に「カナガン」についてのご質問もチラホラとあります。

ネットでの口コミを読むと、なかなか良い評判もあるカナガンですが悪評もそれなりにあります。

取り扱ったことがないからといって、カナガンのネットでの口コミばかりを集めてお話しするのもいけません。

そこで実際に、カナガンの公式サイトで注文し、我が家のトイプードル5匹に、3か月間食べさせてみました。

食いつきや、犬達の体調にどんな変化があったのか?

カナガンドッグフードの購入をお考えでしたら、ぜひ参考にしてみてください。

カナガンドッグフードを実際に食べさせてみました

カナガンドッグフード

自店で取り扱っているドッグフードやメーカーさんが、サンプルで送ってくれるもの以外のドッグフードは6年ぶりですね。

こちらは公式サイトのみでの販売ですので、注文しお試ししてみました。

カナガンを食べさせて、毛並みや、お腹の調子が良くなったとか、体臭が減った!とか

すごく魅力的なレビュー記事を目にします。

愛犬の体調を気にする飼い主さんにとっては、このような口コミ情報は購入する際の重要なポイントでしょう。

しかし、どんなに素敵な成分のドッグフードだって、体に効果が表れるまでには最低でも2か月は続けてみないといけません。

そこでカナガンを3か月近く食べさせてみましたが、我が家のトイプー5匹が食べ続け、何か体調に変化はあったのでしょうか?、

カナガンを食べても毛並み・便・体臭に大きな変化はなし

ハッキリ言って、母ちゃんの目には毛並みやお腹の調子、体臭に大きな変化はありませんでした。

変わった事と言えば、ウンチの量が少々増えたことです。

トイプードルの毛艶や毛の手触りも、ネットで書かれているように劇的に変化は感じられませんでした。

だったら「カナガン」のネットでの評判は嘘なのでしょうか?

体調に大きな変化が現れなかったのはなぜ?

原産国のイギリスでもネットでも、評価の高いカナガンドッグフード

愛犬の体調が気になる飼い主さんなら「大きな期待」をしてしまうかもしれませんが、今まで食べていたドッグフードがどんなタイプや素材かによって、体調の変化に差が出るようです。

排便の量や色、便臭などは比較的早くに結果を感じるものですが、涙やけや毛並みは少々時間がかかります。

また、今までたんぱく質が多めのドッグフードを食べさせていた場合には、はっきり言って目に見えてわかるほどの大きな変化は感じないはずです。

我が家の犬達の場合は、グレインフリーやオーガニックドッグフードを食べていたからでしょうか?

口コミサイトで書かれているような体調の変化は感じられませんでしたが、悪くもなっていません。

現状維持できているってことは、栄養面でカナガンは合格といえます。

カナガンを食べると犬は太りやすくなりますか?

カナガンを食べさせ続けると太りやすくなる!なんて評価もされています。

でも我が家の犬達はカナガンを食べてから体重増加したワンコは一匹もいません。

カナガンの特徴として、かなり粗タンパク質の割合が多く、それに伴い脂質も多い事から太りやすいといったイメージにつながっているのだと思います。

犬は人間との長い暮らしの中、雑食性の動物になっていますが「肉食よりの雑食動物」ですので、本来なら動物性タンパク質が多くても、そく肥満にはなりません。

カナガンの粗タンパク質・粗脂肪を比較

では、カナガンはどのくらいたんぱく質や脂肪分が多いのでしょうか?

あまり一般的なドッグフードではありませんが、我が家が一番メインで食べさせているドッグフード

  • キャスター&ポラックス オーガニクス(アダルト)
  • ナチュラルハーベスト メンテナンススモール

そして、トッピングとしても使っている

  • ZiwiPeak ベニソン

この3つとカナガンで比較してみましょう。

肉種類粗タンパク質粗脂肪
ナチュラルハーベストメンテナンススモールラム18%以上8%以上
C&Pオーガニクスアダルトチキン26%以上14%以上
ZiwiPeakベニソンベニソン34%以上26%以上
カナガンチキン33%以上17%以上

肉類の割合が90%以上のZiwiPeakベニソンと比較しても、カナガンの粗タンパク質の量はあまり変わりませんね。

カナガンの給与量は犬の体格をチェックしながら決めよう!

トイプードル

人間もそうですが、炭水化物の過剰摂取によってできてしまう脂肪のほうが問題なのです。

実際、我が家のトイプードル達も太ってくるときは、お芋や米・小麦粉製品などの炭水化物の摂取量が増えている時です。

良質なタンパク質は筋肉を作るためにはとても大切な栄養素です。

タンパク質の過剰摂取による病気の心配がないのであれば、積極的に摂取したい栄養素です。

肥満になるかならないかは、食べているものの栄養素に対し、運動量や基礎代謝量が少ないのも原因です。

また、今までタンパク質や脂質の少ない比較的低カロリーなドッグフードしか食べなかったワンちゃんの場合、体ががっしりしてきたことで太った感じがするかもしれません。

ドッグフードを切り替える際には、給与量はあくまでも目安と考え、犬の体型の変化を観察しながら量を決めましょう

カナガンの良い評判や口コミを信用してもいいですか?

我が家の愛犬たちに食べさせた感想は、ネットでの評判を信じて購入しても大丈夫なドッグフードだと判断しました。

ネットの口コミでは、沢山の良い評価もありますが、同じように悪評もあります。

ドッグフードを販売している母ちゃんのお店のフードだって、このワンちゃんには良かったけど、あのワンちゃんは食べなかった、肌に痒みが出たなどの問題だってあります。

ホームセンターのお値打ちフードは大好きだけど、オーガニックドッグフードはまったく食べないワンちゃんもいます。

食の好みや、体への反応などは、個体差によって全く違います。

素材そのものや配合に関しては問題はないと判断していますので、気になっているならまずは一度お試しください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016